☆ Knock it in !!

  [ 左グリップ戻し。 ]
2011-10-07(Fri) 14:48:07

今自分がスイングで重要ポイントにしている『左サイドと下重心』

週刊パーゴルフの10月18日号「坂田信弘のラウンド進化論」の
アプローチについての記事が、これまたドンピシャだったので。 

載せときますね~ hiroさん♪ (って私信かょ)
や、自分にとっても、そうとうツボだったもんで! (b^ー゜)


週刊パーゴルフ

左グリップをアドレス位置に戻す意識で、インパクトのズレを撲滅!

オートマチックに同じスイングを再現できる”左グリップ戻し”
構えて・・・上げたら・・・左グリップを構えたところに戻す!


アプローチで何より大切なのは、ヘッドアップしないことです。
というのも、アゴが浮けば、つられて右肩が前に出てしまう。
これでは、ショットごとにインパクトのポイントがバラついてしまう。
傾向として、力加減で調整しようとする人ほどヘッドアップしやすくなる。

そこで、「左肩支点で打て」と教えてきた。
左肩を意識する限り、アゴは浮かない。
ところが、左肩支点の教えを守ろうとすると、ダフる人がいる。
なんとか、ヘッドアップせず、ダフりもせん教え方はないもんかと考えました。

有効なもの、見つけました。
まずは普通にアドレスする。そこからテイクバック。
ポイントは切り返した後だ。ダウンスイングに入ったとき
「アドレス時の左グリップ位置に戻す」と意識するのです。

注意点としては、左ヒジを曲げず、できるだけ伸ばしておくこと。
これならダフらず、ヘッドアップもしない。
すくい打とうとして左ヒジと右手首を使いにいくと
ボールの方向、そして距離の確保が難しくなるばかりだ。

アプローチは、とにかく小細工禁物だ。
「ただ上げて、落とせばいい」というがね、大事なのは落とし方。
再現性の高いインパクトを実現するには
「構えた左グリップ位置に戻す」とイメージすればよいのです。




そういえば、遼クンも ・・・
「アプローチは構えた位置に戻すだけ。だからアドレスが大事です」
つってたなー!


よぉ~~し!コレで、寄せワン祭り、開催だ~~!!

わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!


(つことで、hiro さん、がんばろうぜーぃ!)



スポンサーサイト
Golf | TB:× | CM : 0
「左グリップ戻し」検証ラウンド。HOMERound 24 / 十里木CC

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 ☆ Knock it in !!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi