知らなかった『トンボ事件』 


とことん1番ホール生中継で、シニアツアーもやるようになったらしく

レギュラーから活躍してるプロもいるけど
聞いたことない名前のプロがほとんどで。

そんな中、福澤義光プロの紹介話で初めて知った『トンボ事件』

福澤義光、といえば、“トンボ事件”。初シード入りした96年。
11月のフィリップモリスチャンピオンシップ最終日。15番ホールでの第3打で
トンボがボールの下敷きになって、身動きが取れなくなっていた。
しばらく考えあぐねた福澤は、ペナルティを承知で球をピックアップ。
トンボを逃がしてからプレーを再開した。
1打罰のおかげで、最下位へと順位を下げたが
「そのまま打てば、トンボは確実に死んでいた。そんなのかわいそうだ」
とコメントし、ほのぼのとした感動を呼んだ。
その後この一件が、平和な地球社会を目指す団体・ユネスコの目にもとまり
その年のフェアプレー賞受賞。福澤の優しさは世界レベルで知られるところとなったのだった。


へぇ~~、ぜんぜん知らんやったー!

「アプローチの練習は公園でやればいい。
隠れてやれば。怒られたらやめればいい。」

とか平気で言っちゃってる、今回の解説プロ(一体誰だよ?な)
とはエライ違いっつか、ま、いろんな人が居ますわなぁ。



スポンサーサイト

カテゴリ: Golf

[edit]

Trackgack -- | Comment 2

PAGE TOP

コメント

No title

へええ~
とってもいいお話ですね(^^)

でも
トンボが下敷きになることあるのに
びっくりです!!


それにしてもすっごい解説者ですね(^_^;)
公共の電波でそんなん言ってしまうとは

あずき #- | URL
2014/10/12 13:51 | edit

そ、そ。

トンボがどーゆー風に下敷きになったのか
そっちが気になるっつーのねー!

相当、毒舌な解説者@シニアプロだったんだけど
「それは言っちゃいかんだろー!」だよね~。

ちなみに、トンボ事件の紹介しながら
「私なら躊躇せず打ちますよ」つってたよ。

あんたなら、そうだろよっつー感じ。(´_ゝ`)

のっく #- | URL
2014/10/13 10:00 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP