☆ Knock it in !!

  [ 最 悪 伝 説 誕生ラウンド@北海道クラシックゴルフクラブ ]
2015-09-18(Fri) 16:49:02

「おまえみず」ラウンドの反省会、「海鮮亭 ととや」で・・・

だんな 「このまんまの調子で明日も行ってくれるといいけどなぁ」
オレ 「あんたは今、調子いいからダイジョブだよ~!」
だんな 「調子いいのが続くとは思えないからなぁ」
オレ 「てことはさ、調子が悪いのも続かないってことだよね?!」

この時の、どこまでものんきなオレが恨めしい・・・

そろそろ、傷も癒えたので・・・って(癒えてないけど)
いつまでもグジグジしてたってなんも始まらんので・・・

最悪伝説のラウンド、いきまーーす!


「結婚25周年記念に、北海道でゴルフしよーよ!

そんでもって、清水の舞台から飛び降りるどころか
スカイダイビング並みの気合いで、良いコース行こ~!

ってことで、今回のゴルフ旅行のメインに選んだのが
142番目のお初コース 北海道クラシックゴルフクラブ だったわけで!

ジャック・ニクラウス設計のオールベントコースで
北海道でも屈指の高級コースです!!

クラブハウスから出て、目の当たりにする光景は

あっか~~ん! (宮川大輔風)

(あ、それはラウンドはじまってからだった) 

それはそれは、圧巻!の一言で。

6ページあるコースガイド付きスコアカードに
「うひゃ~!さすが、金かかってんな~おい!」

ってな感じで、いざスタートです。

classic2.jpg

キャディー付き、歩きラウンドなんだけど
インソールクッション入った靴はいてるみたいに
フッカフカなフェアウェイで、めちゃ気持ちイイ~!

(ま、そのうちだんだん疲れてたけどね
2日目にしときゃ良かったねって、ちと後悔

今思えば、、、
朝イチのドライバーショットが今日イチだったな。

classic4.jpg

そのあとは、もう、酷いのなんのって・・・

フェアウェイからはトップかチョロ、ラフからはまともに当たらず
ろくに前に進めず、当たらないから自分の飛距離わからず… 

(あれ?なんでー?どーした?えー?どーしよー?)

キャディーさんに「池超えるには○ヤード打って下さい」言われても

(ぃや、当たらないからムリです・・・どーせ池です・・・)

とか思いながら、案の定、池ポチャ・・・ (ほらね) ← 暗っ

「そのまま行きます? +1でドロップエリア行きます?」

まったく当たる気がしないから、ドロップエリアへ直行したんだけど
そこがライは悪いはラフは深いは・・・で・・・

(冷静にライを見に行く余裕もまったくなかったなぁ)

そんな池ポチャ3回あったりしながら。

classic3.jpg

頼みの綱の、相棒8番アイアンでさえ当たらなくなった時は
もう、なんだか、よく憶えてないっつか意識不明状態・・・

唯一、自分的に悪くなかったウェッジショットも
高速グリーンで止まらない、グリーン周りのラフでは
ねばねばベント芝に下手が露呈され・・・みたいな。

classic5.jpg

55-56
(18、20)


ひゃ、ひゃ、ひゃくじゅう、いちーーーー?!

classic6.jpg

ま、スコアも酷いけど、自分自身が最悪だった。

(何で打ったって当たんないんだから、もう、いーや!)

って、キャディーさんを待たずに、持ってるクラブでやって
ろくに考えず、適当にやっつけ的に打ったりとか。

(今思えばコースに対しても失礼だよ、Sorry、ジャック)

オレ普段は、結構ポジティブに、つか
(元々はネガティブな人間なんだけど)
なんとかポジティブに、必死で装ってんだけども。

あまりの酷さに、化けの皮が剝れちゃったらしく・・・

ま、そんな、ネガネガオーラ出しまくりながらだったのが
だんなにも(きっとキャディーさんにも)バレバレだったらしい。

帰ってから、プチ説教でしたよ・・・

「あんたさ、あの態度はないよっ!
いつも俺に言ってんじゃん!しょーがないじゃん!て。
せっかくのラウンドだと思って、あえて言わなかったけどさ」

(はーー?滅多にないオレがすげー責められんのかよ?
あんたなんか、普段どんだけ態度悪いよーー?!

ま、そう思ったけど、言い返すのはやめといた。

言い返せば、きっと険悪なムードになって
もっともっともっと、超最悪の思い出になっちゃうし・・・。

(遼クンに逢えてめちゃ良い思い出だったのに
あー!それで運使い果たしたってわけかーー!?

それに、いくら12年ぶりの111だからって
やっぱ、オレの態度が悪かったんだし・・・。(↑立派に引きずってます)

・・・でもね。

な~んかキャディーさん、、、感じ悪かったんだもん。

そりゃ~さ、まともに当たらなくて実際111も打ってるわけで
数ホール廻って「コイツ下手くそ」って思ったんだろーよ。

普段セルフでばっかだから、キャディーさんに妙に気を遣うつか
どーでもいーとこ気になるってのもあって
あんま関わりたくないって実は思ってるのが通じたのか?

感じ悪いっつーか、、、なんだろ?

だんなと、オレに対する対応が微妙~に違うっつかさ
ま、この日は被害妄想を生むほど病んでたのかもだけど。

女性ゴルファーでキャディーさん付ラウンドする人
そんな経験ないっすかね? (って誰に聞いてんだよ)

ま、上手な人にはそうじゃないのかもだけど。

態度がもろ悪いとかじゃないんだけど・・・

そりゃ~も~綺麗なフェアウェイをドカッってやっちゃって
「あー!ごめんなさーい!すいませーん!」つっても、、、

・・・無言で目土・・・

(舌打ち聞こえなかっただけいいのか?じゃなくて

「いいんですよ~!」とか (良くないか
「気にしないで~!」とか (気にしろよ

ないんだよね、、、ないのか、普通。
ま、高級コースは、メンテナンスが大事ですもんね。

下手は来んな!って話か・・・(ひーがーいーもーそー

で、途中、だんなとも話したんだけど・・・

あーやってすぐ目土されると、芝を傷つけないように
出来もしないのに、きれいに当てようとしてトップ?
だったんじゃなかろーか?と。

実際、もう掘ってやる~!って超打ち込んだら
(ターフなんてカッコイイもんじゃなくダフり気味に取れる「ダーフ」)
ちゃんと当たったし(・・・そしてラフ・・・チーン

(なんつって、高級コース仕様の言い訳に決定

あ、あれだ!雨の日にビシャってなるのが嫌でトーップ!

・・・なんだ、単に下手なだけじゃんね・・・さーせん・・・

ここんとこの練習不足を棚に上げ上手くいかないと投げて
本当に、ゴルファーとして最低最悪な態度で。

良い天気で良いコースでゴルフ出来るだけでシアワセ!

そんな謙虚な気持ちもすっかり忘れてたオレに

「今のままじゃダメだぞっ!」
(『北の国から』の中ちゃんが純を諭したセリフ風)

って、神様からの戒めだったのかも。

(つったって、立ち直れないよー!だって111だもーん) ← ネガネガ星人

classic7.jpg

コースメンテナンスは最高で、どっちを向いても
写真撮らずにはいられない景観が、本当に素晴らしく!

お値段的にも、一生に一度しか行けないであろう
ここ、北海道クラシックゴルフクラブ。

もう、リベンジできないだろうけど、ま、いっか。

話のネタに1回行けば十分っつか
「おまえみず」の方が、断然また行きたいコースだし

もしかしたら、次は120打つかもだし、、、



ってことで。

「結婚25周年記念旅行に来たら石川遼君に出逢った~記」

は、これにて終了~~!



スポンサーサイト
Round | TB:× | CM : 7
ゴルフの神様ありがとう!HOMEだんなの実家は北海道!

COMMENT

とりあえず、ヒトコトだけ書かせて下さい。
(後日また書きます)

神様からの戒めって言葉もありましたけど、
111には、きっと何らかの意味があるんだと思います。
それが「がんばれ」なのか「ダメだぞ!」なのか「これをバネに」なのか、
はたまた「●●を直せ」という啓示なのかはわかりませんが・・・

とりあえず・・・・ドンマイ!
b y hiro@ごる日々 | 2015.09.18(21:24) | URL | [EDIT] |
  +
続きです。

そうは言っても、ショックですよね。
でも、何をやってもうまくいかない日ってありますよね。あれ何なんだろう?
そんな時に最低のキャディが付いたら・・・そりゃ普段のゴルフはできない!

連戦と旅行による肉体的精神的疲れ、そしてキャディによる心の乱れ、つまり

「そ の 日 の の っ く さ ん は の っ く さ ん じ ゃ な か っ た」

んですね。だから忘れちゃいましょう!!
b y hiro@ごる日々 | 2015.09.19(09:35) | URL | [EDIT] |
ありがとうございます~~!(涙)

今日、打ちっぱ行ったんすけど
普通に当たるんすよね、、、なじぇ?

でも、あの時は・・・

当たらないから当てに行こうと
ボールを凝視するあまり、頭が落ちて@悪癖
軸のキープが出来てなかったんじゃないかな?と。

肝心のチェックポイントすら出来なかった・・・
つか、ぶっちゃけ真剣にやろうとしてなかった。

いつまでもあてにならない感覚とか勘でやってるから
ちょっとの練習不足で大変なことになるのかもデス。

だんなも言ってました「疲れてんだよ、あんた!
もう今年50なんだからさー、疲れてんのっ!!」

体力もそうだけど、気力も一気に低下するのって
やっぱ年のせいですかね?(笑)

いつも気持ちを切り替えるの得意と思ってたけど
全っ然ダメだったのは・・・更年期かー!!
そーだ、そーだ!更年期だ!

も~これからは、なんでも更年期のせいにします(爆)ぉぃ


えっと、北海道クラシックの誰かのインプレで
もっとひどいキャディーがいたらしいので
あの方は、まだ普通だったみたいです(笑)

フォローになってねーか。

つか、オレがつまんないオーラ出してたのがいけないんっすよね。
ひねくれ大王のだんなに指摘されるくらいだから(爆)
よっぽどだったんだと、つくづく反省してます。

感じ悪くみえたのは、自分が感じ悪かったからで
キャディーさんも、嫌な客についちゃって逆にすいませんでした。

ただね・・・

ホールアウトしたあと、「ぎゃー!111だってー!」つってたら
「うちでは、皆さんそれくらい普通に叩かれますよ」だって!
えーーー?このタイミングでそれー??
じゃさー、もう少し親切な感じにしてくれても良かったんじゃねーの?
って思ったのも、やっぱオレが悪いんすよね・・・(えぐえぐ)
b y のっく | 2015.09.19(14:02) | URL | [EDIT] |
>「うちでは、皆さんそれくらい普通に叩かれますよ」だって!

皆さんって、毎回1000球練習してるのっくさんにいう言葉か!
ホールインワン2回出してるのっくさんに!
ハーフパープレーののっくさんに!

・・・って文句言いに行きたいです(笑)

スイング見たら普段どれくらいで回ってるかぐらい分かるはずなのに。
いい加減なキャディさんだなあ。無神経ですよやっぱその人。
プロが来てもそんなセリフ吐くんかい!って言いたくなります。

一期一会のお客さんが、調子悪くて気分が落ち込んでるんだったら、
逆に楽しくラウンドしてもらうよう工夫するのがキャディの仕事。

ホントにハズレでしたね。のっくさん悪くないっすよ。仕方ないっす。
そんだけ叩いたら平常心でいられないですよ。いやほんと。
b y hiro@ごる日々 | 2015.09.20(09:54) | URL | [EDIT] |
ぃや~、実際、ビックリするほど当たらなかったんで
111叩くレベルに見えたと思います(笑)
下手な癖に、何しょぼくれてんだかって思ったのかと。

最後、慰めるつもりで言ってくれたのかもですが
だったら途中にでも「ここはみんな叩くからダイジョブよ」
とか言ってくれても良かったんじゃない?

なーんてね。

ずっと昔まだ100叩きの頃、武蔵丘ゴルフコースのキャディーさんが
本当に素晴らしいキャディーさんだったもんで、つい
名門コースのキャディーさんだから、と期待しすぎたってのもあります。

今日、打ちっぱでI氏が全然当たってなくて
「それそれ、ずっと㏠そんな感じだったら、辛いっしょ?」
って同意を求めときました(笑)

また、頑張ります!!hiroさん、ありがとうございます~~!
b y のっく | 2015.09.20(19:05) | URL | [EDIT] |
のっくさん
せっかく北海道まで行かれて期待したラウンドだったのに残念だったとは思いますが、気にすることはないですよ。
わたしなど帰国の度、スコアでいうと唖然とするラウンドばかりです。
初めてのコースか、タフなのに数年に一度しか回らないコース、飛行機の長旅で元気回復してない、圧倒的練習不足、グリーンが(ロスのコースの比すと)かなり高速、etc, etc.
最近は全然気にしないことにしています。

このコースはトーナメントにも使われるタフなコースだと思うし、良いコースってちょっとショットがぶれただけで、2打、3打につくのですよね。
あとグリーン周りがタフでしょ。
よくネットで読む話ですが、北海道のコースは洋芝だから本州からのゴルファーはフェアウェイからもねちっこくて打ちにくいといいますね。
スコアを縮めるのは大変でも大叩きするのは簡単ですから、誰にもあることですよ。


b y メリー | 2015.09.21(15:13) | URL | [EDIT] |
メリーさん

あたたかいお言葉、感謝します~!!

そうなんです!
記念のラウンドってことで期待しすぎてました(笑)

初日は雨だったけど、芝がそんなに大変な感じしなくて
2日目は、ラフが、あ~これが北海道か~!て感じで
3日目は、どーにもならないほどホント大変でした、、、

>スコアを縮めるのは大変でも大叩きするのは簡単ですから

今回、本っ当に実感してます。

111とか、もう叩くことないて思ってた大馬鹿もんに
神様の喝が入ったんですね~!肝に銘じます!
b y のっく | 2015.09.22(19:56) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 ☆ Knock it in !!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi